どんなことをするの?メイクアップアーティストの仕事内容を知ってみよう

デパートなどの店頭でメイクや販売を行う

メイクアップアーティストの中には、デパートなどの化粧品売り場で働いている方もいます。メイクだけでなく、接客など商品の販売も行っているのが特徴です。カウンセリングでは、お客様の好みに合わせていろいろなメイクを提案していきます。新商品の紹介はもちろん、メイクのトレンドをしっかりチェックできるのも魅力です。

サロンやスタジオでメイクを行う

サロンやスタジオでの仕事はメイクに特化しており、商品の販売はほとんど行いません。ポイントメイクからフルメイクまで、お客様の要望に応じてさまざまなメイクを行います。ヘアセットやアレンジをまとめて担当することも多いです。ヘアメイクの経験がない場合は、メイク専属で働くことになります。

撮影現場でモデルやタレントのメイクを行う

テレビ局やロケなどの撮影現場でメイクを行うのも仕事の一つです。メイク道具の持ち運びや現場間の移動も頻繁にあります。会社に属している方もいれば、独立しフリーで仕事をされている方も多いです。大規模のイベントやショーなどでは、たくさんのメイクアップアーティストが活躍しています。雑誌やドラマといった、印刷物や映像としてメイクが記録されるのは大きなやりがいになるでしょう。

講師としてメイクを教える

セミナーや専門学校などで講師としてメイクを教える仕事もあります。認定資格の取得を目指し、将来のスキルアップも実現できるのが魅力です。技術や理論をはじめ、考え方や現場でのコミュニケーション方法も教えていきます。メイクアップ業界の発展にもつながる仕事でしょう。

メイクアップアーティストはメイクやヘアを熟知した専門家で、テレビ業界の方々から、ブライダル、美容室等でメイクを施す職業の事です。幅広い分野で活躍する事ができます。