就業規則は労働基準法に合わせる!!専門家により良い就業規則作成を依頼!!

労働基準法に則した就業規則にしてもらう

一定の従業員のいる会社では就業規則が必要になります。多くの会社では作成をして、誰もが閲覧できるところに設置しないといけないとされています。実際に行っている会社がどれくらいあるかはわかりませんが、法律違反にならない範囲で対応しなければいけません。この就業規則にはある決まりがあります。それは労働基準法の内容より下らない内容にする決まりです。労働基準法は定期的に改正されるので、そのたびに就業規則の見直しが必要になります。社会保険労務士は社会保険だけでなく労働保険や労働関係に関する専門家です。就業規則を労働基準法に則するように見直してもらえます。改正前に依頼をしておけば、より企業の実情に合った内容での変更が可能になります。

会社にとって都合のいい就業規則

明治以降から近代工業化が始まりました。工場などでは使用者と労働者の関係が生まれますが、当初は特に法律がなかったため、使用者が労働者を搾取する状態だったとされます。その後それが問題視されて労働法が整備されます。その中心が労働基準法で、企業は労働基準法に基づいて就業規則を作成しなければいけません。労働者のための法律ともいえるので、企業にとっては苦しい変更などもあります。この時に社会保険労務士に相談すると良いかもしれません。会社を経営する上では企業にとって都合のいい仕組みが必要になります。労働基準法に準拠しながらも、より労働者を使いやすい就業規則にしてもらいます。顧問社会保険労務士は会社の味方になってくれます。

社会保険労務士は労務や社会保険の専門家です。社会保険労務士の就業規則は、最新の労働基準法に則って作成してもらえます。