住宅トラブルの解決を目指すには弁護士選びが重要!

民事訴訟の対応例が多い弁護士を探してみよう

住宅に関するトラブルは、販売者と家主の主張が大きく食い違ったり、解決まで長い時間を要したりするケースが多いため、迅速に民事訴訟の対応事例が多い弁護士にお世話になることが重要です。特に、欠陥住宅などの住宅の安全性に関わる問題については、短期間で解決をする必要があるため、数ある法律事務所の中でも、ベテランの弁護士が揃っているところを選ぶことがおすすめです。住宅に関する様々なトラブルに特化した法律事務所の中には、初回の無料相談を通じて、具体的な解決方法についていくつか提案したり、相手方との交渉の仕方についてアドバイスをしたりしているところもあります。そのため、早いうちから安心して相談ができる法律事務所の候補を見つけることが肝心です。

将来的に掛かる弁護士費用について計算しておこう

ハウスメーカーや工務店を相手取って住宅の問題に関する訴訟を提起する場合には、将来的に高額な費用が発生することがあります。たとえば、全国的に名前が知れている優秀な弁護士に対応を任せたり、初めから法的な手続きを取ったりする際は、相場よりも着手金が高くなりやすいため、じっくりと各地の法律事務所の料金表を確認しておきましょう。また、住宅の施工やリフォームに関する問題が解決した時に支払う成功報酬の金額は、事務所の方針や弁護士の経歴などによって大きな差が出ます。そこで、経済的に困窮しないようにするには、年間を通して良心的な料金で相談に乗ってくれる法律事務所とコンタクトを取ることがポイントです。

ミカタとは弁護士保険のことで、この保険に加入していると万が一の場合安い費用で弁護士を雇うことができます。