法人用のデビットカードを作成するときに前もってチェックすべき点は?

口座開設の手続きをスムーズに行える銀行を見つけよう

法人用のデビットカードを作成する際は、個人用の口座と比べて手続きに時間が掛かる傾向があるため、早いうちから審査を含めた手続きが簡単な銀行を探し始めることが大切です。また、銀行によっては口座開設の際に収支報告書や事業計画書などの提出や、窓口の担当者との相談が必要となることもあるため、まずは評判が良い銀行のシステムをしっかりと把握しましょう。最近では、顧客や取引先との現金のやり取りの際に法人用のデビットカードを使用する企業の数が増えていますが、カードのタイプによって利用手数料やポイントの還元率などに違いがあるため、手続きを開始する前に、じっくりとニーズに合うものをチェックしてみましょう。

ネット上で審査の申込ができる銀行がおすすめ

通常の業務の合間を縫って法人用のデビッドカードを作成したい場合は、ネット上で審査の申込を済ますことができる銀行をメインに選びましょう。法人へのサポートが手厚い大手銀行の中には、審査の申込から最短で一週間以内で口座開設の手続きが可能なところも多くあります。そのため、余裕を持って色々な銀行の資料を参考にしながら、使い勝手が良いデビットカードを見極めましょう。なお、法人用のデビットカードの審査基準については銀行のホームページなどで公開されることはありませんが、事業の継続期間や収支などの審査で厳しく確認される事柄を知りたい時は、法人向けの専用のカスタマーセンターなどを通じて銀行の担当者に質問するのも良いでしょう。

法人 デビットカード」とは、法人で使うデビットカードのことを指す言葉です。使用すると即座に法人口座から引き落とされる仕組みで、後からまとめて支払う法人クレジットカードとは違います。