就業規則の相談を社労士にしよう!!社員が働きやすい就業規則にするにはどうする?

時差出勤をさせるための就業規則

会社の就業規則には始業時間と終業時間が定められていて社員はそれを守らなければいけません。多くの会社の始業時間と終業時間はある時間に集中しているのでラッシュアワーが発生するのでしょう。ラッシュアワーに通勤するのは社員の健康にも影響しますし会社の生産性も悪くなるかもしれません。そこで社労士に依頼をして時差出勤のための就業規則を作成してもらいましょう。労働基準法の中にフレキシブルタイムに関する仕組みが用意されていて、こちらを使えばラッシュアワーに通勤させなくて済みそうです。別名フレックスタイム制とも呼ばれ自由に出勤できる時間と必ず勤務する時間さらに一日の労働時間などを決めていきます。時間管理方法なども社労士に相談すると良いでしょう。

育児や介護がしやすい就業規則

小さい子供がいる家庭なら育児が必要でしょうし、高齢者がいる家庭などでは介護が必要なときもあるでしょう。一応労働基準法では育児や介護に関する項目があり、それぞれの会社の就業規則に細かい定めがなくても最低労働基準法に則った働き方をさせられます。ただ社員が安心して働く環境を整備するなら就業規則に一定の定めをした方が良く、そのためには社労士に相談するのが良いでしょう。育児や介護をしなければならない人がどれくらい休みを取れるのか、休んだ時の給料はどうなるのか、職場に復帰するときには元の仕事に戻れるのかなどを決めておきます。労働基準法よりも少し労働者に有利な就業規則にしておくと、優秀な社員に応募してもらいやすくなるでしょう。

渋谷の社労士は最新の法規制や労働環境を知り尽くしているため、社員が働きやすく生産性を高める施策を打ち出してくれます。