決済サービスを通じてのクレジットカード払いってどういうシステム?

安全にネットショップにお金を払える

海外のネットショップで商品を買う場合、そのショップの決済フォームにクレジットカード番号を入力して代金を支払う以外に、決済サービスを間に挟んで代金を支払うという方法もあります。なぜ、そのような一手間かかる方法が用意されているのでしょうか。これは客が安全にお金を払えるようにというショップ側の配慮といえます。決済サービスとはどのようなものかというと、まずユーザーがそのサービスに自身のクレジットカード情報を登録します。そして、ショップで商品を購入すると決済サービスのアカウントに対して請求が行われるので、サービスの決済システムを通じて代金を支払うのです。ネットショップからすると、自前で決済システムを構築、運用することがなく、お金を受け取ることができるので、決済にまつわるトラブルの危険性を少なくできます。客からすると、ショップが用意した安全かどうかよくわからないシステムを通さずにクレジットカードで支払いを行えるので安心といえるのです。

デビットカードを登録する場合の注意点

決済サービスにクレジットカードを登録する場合の注意点として挙げられるのは、登録だけでもカードの有効性を確認されることです。そのため、もし、口座に1円も入っていないデビットカードを登録しようとすると、有効性が確認できないということで弾かれてしまいます。また、決済する場合、自動決済機能がオンになる可能性があります。レンタルサーバーのように、月ごとお金を払うサービスの決済をした場合、利用者が特になにもしなくても決済サービスを通じて毎月代金が支払われるようになるのです。困る場合は必ずオフにしましょう。

決済代行とは通販等で買い物をした客が、支払い方法をコンビニ等での決済を選択した際に、通販会社とは別に委託された会社が決済を代行することを言います。