中学3年生に向けて、万全の準備をするために

受験生になるまでに土台を作っておく

「高校受験に成功するかどうかは、中学1年~中学2年に学習したことの理解度と定着度で決まる」といわれています。それほど中学1年~中学2年の勉強は大切なのです。中学1年~中学2年のカリュキュラムの理解度と定着度が不十分な中学3年生は、土台となる基礎力が足りないので、中学3年のカリュキュラムを理解することが困難になってしまう傾向があります。その一方で中学3年になるまでに学習塾で土台が出来上がっている生徒は、中学3年の授業内容をスムーズに理解でき、志望校対策や弱点補強などといったその生徒に必要な勉強を着実に進めることができます。慌てて前学年までの復習をしなければならない新中学3年生と、志望校に向けて確実に歩んでいく新中学3生、どちらが高校受験に成功するかは明らかではないでしょうか。

苦手分野をしっかりと認識する

では受験生を見据えたうえで、中学2年生は何をすべきでしょうか。それは、これまでの勉強を振り返り、苦手科目と苦手単元を克服することです。ありきたりな回答ですが、この作業を自分できちんとできる中学生は、それほど多くはいません。その主な原因が「どこが分からないかが分からない」というものです。また中学のカリュキュラムでは、2年の秋以降から授業内容が急に難しくなることも原因となっています。とは言え、そのまま放っておくわけにもいきません。そこで少人数制の授業を行っている学習塾が効果を発揮します。少人数であれば、生徒がどこでつまづいているかを講師が見抜き、どう克服すべきかを細かくアドバイスしやすいのです。

個別指導を受ける事によってマンツーマンの分かりやすい授業を展開してくれますので学力向上に大きな効果が期待できます。